日本表装研究会    Japanese Binding Study Society   ひょうほゑ展

Top 掛軸と屏風について 夏秋の仕事 表装教室 表装研究会 徒然草 和の工芸

表紙 掛軸とは 夏秋の仕事 徒然草 教室 ひょうほえ展 展覧会 戻り橋 メール リンク 日本表装研究会リンクバー 最初の頁 掛軸と屏風とは 夏秋の仕事 教室 問合せ 個展 ひょうほえ展 展覧会紹介 リンク 日本表装研究会バー 最初の頁 なーに 夏秋ギャラリー 教室 問い合せ リンク 日本表装研究会リンクバー 最初の頁 なーに ギャラリー 教室 道具・材料 綜芸舎 地図 問合せ リンク 日本表装研究会 最初の頁 掛軸と屏風 教室 材料 作品 案内地図 綜芸舎 リンク アンケート バー5 最初の頁 掛軸と屏風 薮田夏秋ギャラリー 教室 表具材料 綜芸舎 案内地図 関連ホームページ リンクバー 最初の頁 掛軸と屏風 教室案内 藪田夏秋 会


1975年日本の表具の中心地 京都で生まれた日本表装研究会は伝統から一歩踏みだし新しい姿を求めて、誰にでも、楽しくをモットーに今日まで活動を続けています。会員は千名を越え、表装作家や表具師になる方や、生涯の趣味として楽しみながら自分の書画作品を表装している方など老若男女多くの方が参加しています。資格も規則もありません。全くの素人も自由に入れます。東京、京都を中心に裏打や修理の例会、紙漉等の見学会や展覧会を開催し、会誌「ひょうほゑ」を発行し、綜芸舎発売の表装材料等の割引があります。
ただいま入会されますと会誌「ひょうほゑ」と綜芸舎ポイントカード10ポイント差し上げます。
会費:入会金2000円・年会費3000円 計5000円 郵便振替01040-1-15794 綜芸舎
  メール sogeisha@gmail.com
日本表装研究会綜芸舎Map内)・・・602-0904 京都市上京区室町通一条上る TEL075-441-4594・FAX075-414-0730 

 
 ひょうほゑ展目録 ひょうほゑ展
第12回ひょうほゑ展を秋2015年(平成二十七年)922日と翌23日シルバーウイークにみやこめっせ「日図デザイン博物館」」で開催しました。
作品はひょうほゑ展をご覧ください

ひょうほゑ展入口
第12回ひょうほゑ展無事終了しました。二日間多くの方に来ていただき、目録が無くなるほどでした。
なお出展者は97名、点数は173点、北は北海道から南は九州まで、二つのグループと一般お方の参加も得て、公募展としての役割も果たせました。
出品者、お手伝いの方々ありがとうございました。受賞者の作品は次回にアップしたいと思います。なお前日会「月心寺」は拓本HPにUP。(2015.9.26)
 ひょうほゑ展会場1

ひょうほゑ展ポスター
 ひょうほゑ展会場2

会場風景:掛軸あり屏風あり、みなさん熱心にご覧になっています。一般的に美術展では作品のみ図録になり、せっかくの表装が提示されません。本展では表装すべてが作品なので全体を自由に撮影してもらっています。
よこの写真はたまたま弓道の試験にきた高校生が鑑賞していました。
下の写真はアメリカから来た夫婦、日本中をひと月もかけて回っておられます。館内の作品みな素敵だとおっしゃっていました(と思います?)
 ひょうほゑ11  会場3
 会場4
  第12回ひょうほゑ展前会 月心寺お料理と採拓
 9月21日開催 

「これやこの行くも帰るも別れつつしるもしらぬもあふさかの関」で有名な京と大津の境、ここ逢坂の関・走井の月心寺は橋本関雪画伯が建てたお寺で、伝相阿弥作庭のお庭や伝運慶作小町百歳像、芭蕉句碑などがある名勝です。またお昼は走井の名水でつくった精進料理、中でも有名な胡麻豆腐や東海道名物の走井餅をいただきました。

そして特別の許可を得て境内の句碑などの採拓をしました。拓本HP参照胡麻豆腐
 月心寺
 月心寺庭 月心寺部屋



ひょうほえ

ひょうほえ     購入は綜芸舎へ
 
一般の方に特価20%割引でお頒ちします。送料1冊80円 また全冊購入の場合は30%引きで合計5110円、送料全冊で100円


ひょうほえ ひょうほゑ 8号  日本表装研究会発行

    特集1 第10回 ひょうほゑ展入選作  
    特集2 陽明文庫・重森邸

    A5版 24P オールカラー 頒価900円(税・郵送料無料)

日本表装研究会会員は無料、只今入会されると、過去の「ひょうほゑ」1号から8号と一緒にお送りします。

ひょうほえ ひょうほえ ひょうほえ ひょうほえ5
ひょうほゑ 8
特集1 第10回
 ひょうほゑ展入選作
特集2 陽明文庫・重森邸
A5 頒価900円
ひょうほゑ 7
特集1 屏風 蝶番について
特集2 第9回
 ひょうほゑ展入選作
A5 頒価1000円
ひょうほゑ 6

特集 茶掛け
A5 頒価1000円
ひょうほゑ 5

表装技術3風帯
B5 頒価1500円
ひょうほえ ひょうほえ ひょうほえ ひょうほえ
ひょうほゑ 4
表装技術2刷毛
B5 頒価900
ひょうほゑ 3
表装技術1 糊
B5 頒価900円
ひょうほゑ 2
表具の紙について 
B5 頒価1000円
ひょうほゑ 1
薮田夏秋の拓と表装
B5 頒価1000円



ひょうほゑ展   11ひょうほゑ展を秋深き紅葉す2012年(平成二十四年)1122日と翌22日勤労感謝の日に、京都の文化の中心 みやこめっせ「日図デザイン博物館」で開催しました。過去最高の出展を得て無事終わりました。

その作品集を発行。全作品を掲載しています。どうぞご注文ください。綜芸舎
 ひょうほゑ11
 第11回ひょうほゑ展

 前会 白沙山荘
 hakusasonsou  平成24年11月21日京都東山銀閣寺麓、橋本関雪の白沙山荘の見学会。素敵な秋の一日を過ごしました。
ひょうほえ展

第10回 
 2010321日(日)
22日(月・祝) 
日図デザイン博物館
 
 屏風
 10回ひょうほゑ展を2010(平成22年)21春分の日と翌22休日に、京都の文化の中心 みやこめっせ「日図デザイン博物館」で開催しました。
今や伝統がトレンディーとなった現代、伝統を継承し、それと共に新しい表装を目指す方々の作品です。
 
  →第10回ひょうほゑ展   ひょうほゑ展作品 


ひょうほえ展



   第9回  

2007
330日・31日・41日 

京都アスニー
(京都市生涯学習総合センター)
ひょうほえ展 ひょうほえ展
第9回ひょうほゑ展は222点の出品を得て、成功裏に無事終わりました。出展者、お手伝いいただいた方、日ごろ会のために何かとお世話になっている方、すべてに厚くお礼を申し上げます。


ひょうほえ展

     第8回

2004年5月5日〜9日
東京 目黒区美術館
    区民ギャラリー
ひょうほえ展 ひょうほえ展

ひょうほえ展作品集

第8回ひょうほえ展作品集ができました。オールカラーで自由に創作した素晴らしい掛軸と屏風、額等132点掲載。(非売品)会員のみに販売。
ミッキーとミニー

ひょうほえ展
風薫る若葉がそよぐ目黒川沿いの公園の中にある美術館は、造られてまだ日も浅く、関東の方も初めてという方が多い中、700名もの観覧者に来ていただき、大成功に終わりました。134点の出品は前回と同様ですが、会場の大きさの関係でちょっと余裕のない展示になりました。
全国各地から多くの会員と教室受講生の作品は大部分が掛軸でしたが、屏風や額、巻物も出品され、本紙も書画以外にも写真や刺繍、友禅染、拓本とバラエティー豊かな展示となり、展覧者も華やかさに心を奪われていました。(04/6/6)
展示作品(受賞作品)はミッキーをクリックください。


吉野国栖紙漉きの旅
03年11月30日

美栖紙を漉く上窪さんの84歳のおばあちゃんから紙漉の手ほどきを受け、紙漉きをしました。また宇陀紙を漉く植さんの漉き場でも!
国栖 国栖 国栖

   

第7回「ひょうほえ展」報告 2001年10月6・7・8日 京都アスニー 詳細は「ひょうほえ展」参照